ひつじの公園~山添村:めえめえ牧場へようこそ!

めえめえ牧場は奈良県立自然公園フォレストパーク神野山にあるひつじの牧場です。
ひつじの毛刈りや、餌やり:オリジナル羊せんべい(準備中)など、体験できます。

めえめえ牧場:奈良県山辺郡山添村伏拝880
休園日:毎週水曜日(水曜日が祝祭日の場合は翌日)
開園時間 9:30~16:30 問い合せ、申し込み 0743-86-0131

2012年7月31日火曜日

夏のそよ風

暑い日が続いていますが、ナツノアツサニモマケヌ ジョウブナカラダ、持っていますか。
昔の夏は、木陰に入ればもっと涼しかったように思うのですが、これも温暖化の影響?
ところが、今朝の牧場はすがすがしい朝風が吹き、昼間の乾いた空気はとても心地よく、
昔の夏はこんな感じだった、と思わせる一日でした。
それでもエアコンをつけた車で来られるお客さんたちは、「あちー」と言いながら
降りてくるのでした。
♪エアコンを知らずに―、僕らは生まれた―♪

2012年7月24日火曜日

羊の奇行 その1

このところお天気が続き、朝から蝉が鳴くようになりました。
 羊にとって、夏は苦手な季節。気温が上るにつれて不思議な行動をします。
 そんな奇行の数々から、もっとも理解不能なものを時々紹介したいと思います。
といっても、こちらも理解できないので、奇行に関する説明はありません。あしからず。
挟まっている訳ではありません。



1時間後。はてさて???

2012年7月19日木曜日

畜舎の昼下がり

暑中お見舞い申し上げます。
 関西地方も梅雨が明けて、いよいよ夏本番。
 じりじりと暑い日差しですが、今日はそよ風が吹いているので木陰に入れば心地よいです。
 今日も羊たちは全部草原に出払っており、畜舎はもぬけのカラ。
 静まり返った畜舎は、まるでつかの間の休息をしているようです。
誰もいない畜舎を見回る牧場の警備猫、茶丸。
涼しい場所を求めて、今日もさまよう。

2012年7月16日月曜日

これって梅雨明け?

朝からの強い日差しで気温はうなぎのぼり。でも高原のせいか牧場に吹く風は
今のところ爽やかです。それでも濡れた手ぬぐいは手放せません。冬はあんなに寒かったのに。
 空には絵に書いたような入道雲がどこまでも大きくなる勢いです。
 何の意思も持たず、ただ流されているだけの雲ですがこの存在感!!
空を見る限り、もう梅雨明けですね。
羊にはどっちでもいいみたい・・・

2012年7月14日土曜日

毛刈り体験終了

4月から始まった毛刈り体験も今日をもって終了。
 最後のお客さんたちがサフォークを綺麗に刈ってくれました。
 毎年出会う個性的なお客さんたちとの交流は、新鮮な気持ちになります。
 今年も、見ているだけで最後まで手を出さなかったお客さんや、バリカンで羊の皮を
切って染み出た血を見た途端、悲鳴をあげてどこかに行ってしまったお客さん、最後まで
持参した手バサミで1頭刈りきった強者のお客さんなど等。
 やってみたい事があればとりあえず行動に出る、という性格は見習いたいものです。
 さて、毛刈り体験のご指名から漏れて残った羊たちをいつ刈ろうかな・・・

木陰でのんびりくつろぐ、先月誕生した親子。
来年は床屋さんごっこしようね。

2012年7月13日金曜日

雨宿り

山の恵みとなるはずの雨が、九州ではとんでもない災害になってしまいました。
 美しかった日田の街の変わり様には目を覆うばかりです。昨年はここ奈良県も雨による
被害を受け、今だにその傷跡は所々に残っています。
 とはいえ水は命の源。雨が降り始めると、それまで日照りでうなだれていた草木たちが、
水を少しでも多く吸収する為に空に向かって葉をひろげ、まるで餌にむらがる羊たちのようです。
 でも羊にとって雨はやっかいな水でしかないようでした。

頭隠して尻隠さず。
屋根のある小屋に戻ればいいのに・・・

2012年7月9日月曜日

夏到来?

梅雨も明けてないのにこの日照りと暑さ。
 標高が高いということは、それだけ太陽に近いということか・・・
 昨日は、先月の雨で順延になった毛刈り体験のお客さんたちが来られて、
羊を1頭丸裸にしてくれました。
 さっぱりした羊を前に「涼しくなってよかったね」と思いたいところですが、実際は暑くなると
羊たちはなぜか寄り集まるので、かえって暑そうに思います。
「今夜の晩ごはん何かな?」
まるで相談事をしているみたい。

2012年7月8日日曜日

またまたまた子羊産まれました

七夕だった昨日の夕方頃、コリデ-ルの赤ちゃんが産まれました。
 羊は本来冬に出産するのですが、今年はなぜか4月以降の出産が6組!
 こうなると、この子羊は出産時期の第一号になるのか、最後のトメ男くんになるのか
判断に悩みます。
それにしても今年は雄が多い年でした。ほかの牧場ではどうでしたか? 
母親が我が子を舐める姿を見られるのはこの日だけ。

2012年7月6日金曜日

へびのぬけがら

朝、遊歩道の脇の石垣に、脱皮した蛇の抜け殻がありました。
 頭のてっぺんから、しっぽ(どこから?)の先まで綺麗に残し、まるで蝉の抜け殻の様です。
 ところで、脱皮した蛇の皮をお財布の中に入れておくと、お金が貯まるそうですが、
案外当たっています。というか、ただケチになっただけかな?
1m以上はある大物でした。
ということは、更に大きくなってこの辺にいるわけか・・・

2012年7月4日水曜日

新天地

先月20日に産まれたコリデールの子羊を、今日初めて放牧しました。
 起伏のある慣れない地形によろめきつつも、初めて見る広い草原を前に、
ぴょんぴょんと跳ねながら、母親の周りを走り回っていました。
 あとひと月もすれば、ただ黙々と草を食べ続ける羊になるのですが・・・
とにかくじっとしていない子羊を前に
「うちの子は落ち着きがなくて・・・」とは思っていない様子でした。