ひつじの公園~山添村:めえめえ牧場へようこそ!

めえめえ牧場は奈良県立自然公園フォレストパーク神野山にあるひつじの牧場です。
ひつじの毛刈りや、餌やり:オリジナル羊せんべい(準備中)など、体験できます。

めえめえ牧場:奈良県山辺郡山添村伏拝880
休園日:毎週水曜日(水曜日が祝祭日の場合は翌日)
開園時間 9:30~16:30 問い合せ、申し込み 0743-86-0131

2011年12月22日木曜日

子羊が産まれました!

いよいよ師走もラストスパート。
 今朝畜舎に入ると、大きな羊たちの足元に、よろよろと立つ小さな白い子羊が・・・
この冬の出産第一号は、コリデールの雌の子羊でした。
 今日のところは、おぼつかない足どりですが、あと一週間もすれば畜舎内を探検し始めて、
私たちの手を焼かせることでしょう。
 牧場の番猫、茶丸が自分より大きな子羊相手に、先輩ヅラしてました。
 子羊のいる畜舎は開放していますので、ぜひいらしてください。

新しい命にさっそくちょっかいを出す、おじゃま虫の茶丸。

2011年12月19日月曜日

たき火

寒い冬がやってまいりました。
 公園の芝は枯れはじめ、山はこの冬を乗り切る準備を始めています。
 牧場の朝も、霜が降り氷が張る寒さ。山にたっぷりとある小枝を集めて
たき火をすれば、体も芯から温まる・・・。
と、思うのですが、枝を集めるために山の中を歩き回る段階で、すでに体は
芯から温まり、火をつける頃には額から汗が垂れる状態。
 とてもたき火にあたる気にはなれません。
 それにしても、たき火って山は綺麗になるし、灰は肥料になるし一石二鳥。
木を燃料にすれば、日本の山林はすっきりして荒れなくなるのでは?
でも、いたる所で煙があがり、みんなやけに煙くさい体になるわけですね。
 いよいよ年の瀬。寒い日はストーブ、ではなく体を動かしましょう。
火はまるで生き物。大きく育てるには少々時間がかかります。

2011年12月8日木曜日

草食系

巷では見た目や性格を肉食系、草食系と別ける時がありますが、めえめえ牧場にも
草食系と呼びたくなるようなオス羊がいます。
 お客さんからも、よくメスと間違われるほどやさしい顔をした、おとなしい羊です。
 でも、この羊のお父さんはレスラー張りの肉食系男子。
 ということは、このやさしい顔のひつじさんもあと一年経ったら、
あんなんになっちゃうんでしょうか?
 そう、この子のお父さんは牧場のボスちゃんです。
せっかくの美貌。今を大切に生きましょう。

お父さん。生物学的には草食なんですけどね・・

2011年12月3日土曜日

へそ曲がり

羊は本来群れで育つ動物です。ですから羊を移動させる時、先頭の5頭くらいを
見ておけば、群れの進む方向がわかります。
 牧場の朝は羊の放牧から始まります。各放牧場へ羊たちを誘導し、日中はそこで
過ごすわけですが、なぜか一頭だけで群れずに過ごす羊が、必ずどこの群れにも
存在します。
 具合が悪いわけでもなく、みんなと仲が悪いわけでもない。みんなと同じものは
食べたがらない、へそ曲がり。
 それでもみんな元気に、今年も師走に入りました。
彼方に見える白いつぶが、へそ曲がり。
へそ曲がり同士を同じ部屋で飼ったら、群れとしてまとまるのか?
そんな実験ができるほど、牧場はヒマではありません。